敬護とは、ずっと追求し続けるもの。|2022年度敬護人プラスワンアクション賞受賞者インタビュー

2023年2月に行われた社員総会で表彰された「敬護人プラスワンアクション賞」の受賞者にインタビューしました。
私達の理念は敬って護る「敬護」ですが、言葉では理解していても「知っているのとできる事」違います。
受賞は「店舗スタッフで誰が一番敬護を実践しているか?」を投票してもらい、得票数が一番多かった人に贈られます。


受賞者:北綾瀬店看護職 福田

澤井:敬護人受賞、おめでとうございます。受賞した感想をお願いします。

福田:ありがとうございます。
一番は、驚き。でしたね。意識はしているけど、自分が一番できてるとは思ってないし、チームのみんながとってもすごく敬護に対して一生懸命、みんな出来ている店舗だと思っているので、その中で選ばれたのはとっても嬉しいことでした。

澤井:忙しいときにも、声掛けやサポートをしてくれている。とか、フロアを1人で見てくれている。っていう投票理由が多かったです。普段仕事中に、心がけていることってありますか?

福田:一番心がけてるのは、本当にその人が本心で話しているのか、本心からくる表情なのか。
っていうところを気にかけるようにしています。
というのは、人生の大先輩なので、不満だったり、自分のもどかしいことを隠すのも上手な方達だと思うので。
本当は嫌なんだけどな、とか、本当は今苦しいんだけどな、っていうのをちゃんと表現出来ているのか。
というところを気にかけるようにしています。
一度聞いた時は大丈夫って言ってても、気になるなって思ったら、もう1回タイミングを見て声をかけるようにしています。
中には、話したくない、話すのが嫌だっていう方もいるので、そういう方には、あまり追及しないようにもしています。

澤井:ありがとうございます。敬護についてよく考えている人だ。っていうコメントがありましたが、最後に、福田さんにとって、敬護とは。

福田:ずっと追求し続けるもの。です。
正解がないものですし、人によって違う対応をするものだし、接する人によっても違うものなので、経験からより良いものが出ることもあるし、他のスタッフがやっているのを見て、いいなと思ったら自分も取り入れるようにしたりだとか、そういう風に、ずっと質を高め続けられる、追求し続けられるもの。と思っています。

インタビュアー:広報 澤井


総評:北綾瀬店の福田には、店舗が一番大変な時期に、無理を言って前倒しで入社してもらいました。
入社間もないころから人一倍責任感が強く、大雪の時も、コロナの時も・救急搬送の時も
ピンチにこそ店舗を支えてくれる頼りになる看護師さんです。
そして、とにかく優しくて利用者様からも共に働くスタッフからとても愛されいます。
それはきっと彼女が誰よりも愛と敬意もって人と関わっている証拠だと思っています。
学びに対する意欲も非常に高く、将来がとても楽しみな存在です。
これからもキラキラした笑顔を忘れず、周りの方々をハッピーにして欲しいです。
総評:関谷

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. インセンティブ有!コンパス訪問看護綾瀬/訪問看護ステーションの訪問看護師求人(足立区・葛飾区:正職員/業界未経験大歓迎)

  2. リーダー会

  3. 毎月1回勉強会を行っています。

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP