「利用者様をよく見ている」という評価|2022年度敬護人プラスワンアクション賞受賞者インタビュー

2023年2月に行われた社員総会で表彰された「敬護人プラスワンアクション賞」の受賞者にインタビューしました。
私達の理念は敬って護る「敬護」ですが、言葉では理解していても「知っているのとできる事」違います。
受賞は「店舗スタッフで誰が一番敬護を実践しているか?」を投票してもらい、得票数が一番多かった人に贈られます。


受賞者:保木間店介護職 田口

澤井:この度は敬護人の受賞、おめでとうございます。受賞した率直な感想をお聞かせください。

田口:ありがとうございます。
はい。すごくうれしく思ってるんですけど、正直びっくりしました。
長久保さんかなと思ってたので、長久保さんに投票を入れたので、なのでちょっとびっくりしてます。

澤井:今回店舗内投票で、田口さん圧倒的に投票数が多かったですね。

田口:それはもう本当に、嬉しいです。ありがとうございます。

澤井:普段仕事をする中で、意識してることはありますか?

田口:常に周りの利用者様の変化に気づいてあげることを意識してます。
椅子から立ち上がろうとしてるところとか、トイレから物音がしたらすぐ駆けつけるとか、きょろきょろしてる利用者様がいたらそれにすぐ気づけるかどうかっていうのを意識してるのと、
あとはスタッフがスムーズに仕事ができるように、スタッフにも気を使うというのは意識してます。
あとはこれをしたら喜ぶだろうなとか、仕事がスムーズに運ぶだろうなというのを、意識してます。

澤井:投票コメントで、いつも周りを見ているとか、利用者様をよく見ているっていうのがありました。周りの人はよく見てるんですね。

田口:ありがとうございます。笑

澤井:最後に、田口さんにとって敬護とは。

田口:今通ってる方々は大先輩の方々なので、敬う。敬って護るというのが敬護なので敬うということを忘れずに、利用者様のことをサポートしていけたらなと思います。
インタビュアー:広報 澤井


総評:保木間店の田口はオープニングメンバーで、立上げ準備から手伝ってもらっていました。
介護業界は初めてで、オープニング研修ではあまりにも分からないことだらけで、思わず目からこぼれるものが。
それでも、持ち前の頑張り屋さん気質で、どんどん成長して、今では自信たっぷりな表情、働きぶりで他のスタッフからの信頼も厚いです。
勉強会も真剣なまなざしで聞き入り、分からないことでも貪欲に学ぼうとしている姿勢は素晴らしいです。
これからも「敬護」を体現しつづけ、たくさんの笑顔を創り出して欲しいです。
総評:石原

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 心が開けるデイサービス

  2. イチゴ狩りツアー|福祉有償運送チーム

  3. リーダーシップとチームワークを学ぶ

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP