心が開けるデイサービス

四つ木店のエピソードをご紹介。

認知症の症状から、他の通所施設も続けられないとの相談を受け、今年の1月から四つ木店に週1回通うことになったご利用者様。

最初の2ヶ月は、お迎えに行くと車に乗るのも嫌がり、やっとの思いでお連れしても、1時間程で帰り支度を始めてしまい、途中でお送りすることも多々ありました。

どうすれば楽しく通っていただけるのか考えた四つ木店スタッフ。

ネコが好きなご利用者様のために、ネコのパズルを用意したり、一緒に動画を見たり…

他のご利用者様も明るく接してくださった事もあり、次第に心を開いてくださいました。

その結果、リハビリマシーンも自ら取り組み、最初は受けてくださらなかったマッサージやリハビリも、受けてくれるようになりました。

他のご利用者様と談笑したり、帰る際に「もう終わりなの?」「また来週よろしくね」とお話してくれる程に。

他区にある施設に入所されることになり、6月で利用は終了となりました。

これからも、ご利用者様1人1人に寄り添って、楽しく通っていただけるデイサービスを目指して行きます。

関連記事


TOP
TOP